サイトメニュー

まぶたを生まれ変わらせる

注射器

施術方法と費用のチェック

二重まぶたのタレントやモデルに、素敵な人が多いと感じてしまい、自分の一重まぶたが嫌で仕方がない場合もあるでしょう。その気持ちを抑えきれないのならば、整形をしてしまえば驚くほど簡単に解決ができます。一重を二重にするという施術は珍しくはないものなので、街の美容クリニックを訪れればすぐに願いが叶うでしょう。ただし、その願いを叶える方法には種類があるため、自分のまぶたをどうしたいのかじっくりと考える必要があります。まず、とにかく安く二重まぶたになってみたいと考えるのなら、巷でプチ整形と呼ばれている方法を選択するのがよいでしょう。一生ものの二重まぶたというわけにはいかないのですが、その分安い費用で行えるのでとても人気になっています。具体的な施術名は埋没法といって、まぶたを糸で結ぶ方法なので腫れや痛みが治まるのも早いです。少し長めの休暇を利用して施術を受ければ、腫れているまぶたを誰にも見せずに生まれ変われます。ちなみに、何カ所結んでもらうのかによって費用が異なるので(もちろん効果も)、予算に合わせて選びましょう。そして、永久に続く二重まぶたを手に入れたいのならば、切開法という施術を受けることをおすすめします。メスでまぶたを切るという本格的な方法なので、一度施術を受ければ元に戻ることはなくずっと理想の状態をキープできます。埋没法と切開法のどちらかしか提供していない美容クリニックはないため、選べないのならドクターにじっくりと相談をして、理想のまぶたのためのアドバイスをもらいましょう。

風邪を引いてクリニックを訪れたときは、利用した医療施設にかかわらずほぼ同じ費用になるといえます。これは保険を使った治療はできることが限られているため、同じような検査がされて、同じような薬が処方されるからです。そのため、Aクリニックで5000円なのにBクリニックでは15000円という極端な差が付くことはありません。整形を受けられるクリニックのほうは、保険は使わずに自費で治療することになるので話が違ってきます。それぞれのクリニックでまったく異なった治療が行われるので、二重になるための費用も異なるのです。しかも、同じ埋没法でもクリニックによって費用が異なるので、整形費用は確認しなければ、正確な金額を知ることはできません。しかし、もっとも簡単に確認できる方法として、公式ホームページの料金表があるので、面倒な手間をかける必要ありません。もちろん、きちんと説明して欲しいなら、電話なりメールなりで手間をかけて問い合わせるのもよいでしょう。ただし、契約前にはカウンセリングが用意されていて、誰でも受けることになります。そのため、まずは公式ホームページで金額を確かめて、疑問点があるのなら、カウンセリングを予約してしまったほうがよいでしょう。まぶたを診たうえで二重にするための費用を教えてくれるため、より正確な金額を確認できます。ただ、比較対象がなければ高いか安いか分からないので、カウンセリングを受ける前に、いろいろな美容クリニックの公式ホームページの料金表に目を通しておきましょう。

Copyright© 2019 施術の種類によって料金は違ってくることがある All Rights Reserved.